私たちについて スタッフ紹介

  • 蘆村

    蘆村

    奈良のシカの歴史とこれまでの取り組みを踏まえて、鹿と人が仲良く暮らせるような環境にしたいと思っています。
    奈良公園に来られたときは、鹿の気持ちになって鹿とふれあって下さい。

  • 丸子

    丸子

    奈良のシカは古来より人に親しまれてきました。
    しかし、人に近接して暮らしていることから、鹿が交通事故に巻き込まれるなどの問題も発生しています。そのような中、鹿の健康を守り、人との共生に尽力していきたいと考えています。

  • 甲斐

    甲斐

    皆様から大切に守られている奈良公園のシカは、とても愛らしく魅力的な存在です。奈良公園の自然と共に生きる鹿たちの生活とこの文化を守り未来へつなげるため、私は架け橋として積極的に鹿たちの声を伝え守っていきたいと思います。

  • 石川

    石川

    奈良公園の主役のような存在の「奈良のシカ」を影ながらサポートできればと思っています。奈良公園にお越しの際は、体毛の変化など四季折々の鹿の姿に注目して下さい。

  • 板倉

    板倉

    保護啓発活動を通じて「奈良のシカ」の事をより多くの方々に知ってもらうために様々な取り組みを行っていきたいと思います。子鹿公開や鹿寄せにもぜひお越し下さい。

  • 宇津木

    宇津木

    1000年以上の歴史を持つ「奈良のシカ」。その長い歴史の一部に関われることを嬉しく思っています。これからも「奈良のシカ」が末永く愛される存在であり続けるよう支えていきたいと思っています。

  • 鈴木

    鈴木

    奈良に住んでいると、「奈良公園に鹿がいる」というのは当たり前なのですが、この「当たり前」を100年200年・・・と守るために、奈良の人々は尽力してきました。
    その先人たちから受け継いだ「当たり前」を、さらに未来の世代につなげられるよう、私たちも頑張りますので、皆様もご協力をお願いします!

  • 飯尾

    飯尾

    体験学習や見学通路の案内を通して「奈良のシカ」について知ってもらうのがうれしいです。まずは奈良公園に来て下さい。そして実際に見て鹿を感じて下さい。

  • 早川

    早川

    たくさんの方々に鹿や奈良の魅力を伝えて興味関心を持ってもらいたいと考えています。
    そのためにも鹿に対して愛情を持って保護していけるように一つひとつ頑張っていきます。

  • 中川

    中川

    昨年この愛護会に就職して早くも1年が経ちました。仕事や環境にも少しずつ慣れてきました。そこで知ったのが、交通事故やゴミなどを食べて死んでしまった鹿が後を絶ちません。なので今まで以上に周りに注意してパトロールに励みたいと思います。

  • 河辺

    河辺

    入社したばかりで日々、鹿から教えてもらうことがたくさんあります。天然記念物である鹿を保護することで、間接的に奈良に貢献できるようがんばります。

  • 河辺

    坂田

    天然記念物である「奈良のシカ」の保護と共に、野生動物である「奈良のシカ」と人との共存問題にも取り組み、奈良公園でシカが自然に生息できる事ができる環境を守っていきたいと思っています。

  • 吉村

    『奈良公園のシカ相談室』の仕事に携わり、人と鹿とのトラブル対応に当たっています。奈良の鹿は野生動物。時には攻撃してくる事もあり、思わぬ怪我に繋がります。鹿に接する際は十分注意し、楽しい一時をお過ごし下さい。

  • 宇津木 恵

    人と鹿が共生している光景は世界的にも珍しく、毎日沢山の方が奈良公園に来られます。
    その中で人と鹿とのトラブルも発生しています。歴史ある「奈良のシカ」の姿がこの先も変わらないように啓発活動を行っていきたいです。

このページの先頭へ