鹿のニュースで思うこと

今週の火曜日、奈良のシカを刃物で殴打して死なせたとして、男が逮捕されました。
このニュースに対して、多くの人は「なんてひどいことをするのだ!」と憤り、男の行為への非難がネット上では飛び交っています。

もちろんこんなひどいことは許せませんが、男の発言で一つ気になることがあります。報道によると「鹿が自分の車に体当たりをしてきたので腹が立ち、鹿の頭を切りつけた」と言っていることです。

普段、鹿の治療を行っており、治療鹿の世話もしている身として、鹿が人に体当たりする理由はいくつか思いつきます。例えば、鹿が何かに驚いて急に駆け出した時、たまたまその進行方向に人がいた場合。鹿の進行方向には、鹿の気を引こうと何か食べ物を与えようとする不届き者がいる場合もあります。

実際、私が車を運転していた時に、春日大社の参道内の木の枝を折って葉を鹿に与えている人がいました。鹿は葉を好んで食べます。この時、葉っぱにつられてたくさんの鹿が道路を渡っており、私は車にひかれないかひやひやしました。もちろんこの人には「危ないから絶対にやめてください。そして公園内の木を折ることもだめです」と注意しました。

それ以外に鹿が人に突進する理由として考えられるのが、母鹿が子鹿を守ろうとする場合、または雄鹿が発情期で戦っている最中に人が運悪く巻き込まれる場合などです。

しかし、鹿が車に突進する理由は特に思い当たりませんし、車に体当たりする様子を見たこともありません。逆に車が鹿に体当たりすることならいくらでもありますが。

車に体当たりされて今回のケースのように悲惨な死に方をする鹿は、報道されませんがたくさんいます。

私が見てきてひどいな、と思ったトップ3を挙げてみると、まずは左右の骨盤が両方とも折れてしまった年老いた雌鹿。おそらく大型車に後ろからぶつけられたのでしょう。立ち上がることもできなくなり、エサも受け付けず、一週間足らずで死亡しました。

次は車に体を巻き込まれ、全身の皮膚と筋肉が裂けて臓器がむき出しになり、交通事故から数時間後に死亡した子鹿。全身血だらけで鹿苑に連れてこられたときはまだ息がありました。でもどうしてあげることもできませんでした。

最後は車にあたって、3本の肢を骨折した子鹿。そのうち2本の肢は折れた部分の下の細胞が死んでしまったので、命を助けるために手術で切断しました。結局それでも助からず、その後息を引き取りました。

今回のニュースはショッキングで、驚かれた方も多いと思いますが、ニュースにもならないところで、たくさんの鹿たちが犠牲になっています。

奈良のシカを車でひいても、故意に殺そうと思ってひかない限り、罪に問われることはありません。しかし「かわいそうなことをした」と言って、奈良の鹿愛護会に連絡してくれる人はほとんどいません。

本当は、なぜ鹿がひかれたのか、その時の状況はどうだったのか、こちらとしては今後の対策を探る上で、事故を起こした人にいろいろ聞きたいのです。そうすれば、悲しい事故は減るかもしれません。でもひき逃げされてしまうと、そういう情報が得られず、鹿も浮かばれないのです。

獣医師

交通事故で寝たきりの子鹿
交通事故で前足を失った鹿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*