雄の落角(らっかく)

奈良のシカで角があるのは1歳以上の雄だけです。シカの雄の角は、毎年生え変わります。

春は角のはえ変わりの季節です。

この雄の角はちょうど落ちたばかりで、角が生えていた根元が赤くなっています。

近くで見ると下の写真の通り。角が落ちた直後は血がにじんでいることもあります。

これはケガではありません。しばらくすると、新しい角が生えてきます。奈良公園内でこういう雄のシカを見かけても心配しないでくださいね。

私たちの保護活動は皆さまからの
ご寄付や募金によって支えられています。
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
ご寄付はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/donate/
奈良の鹿愛護会会員ご入会はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/member/

鹿サポーターズクラブの方々から生草をいただきました!

先日ブログで、「鹿苑のシカたちに草刈りした雑草を持ってきてください」と募集したところ、鹿サポーターズクラブの皆さんがそれぞれおうちで刈った草を持ち寄ってくださいました。

草はたっぷりあったので、今回は治療中のシカだけでなく鹿苑内で保護している雌のシカたちにも与えることにしました。

ちょっとわかりづらいですが、通路に沿って草をまいています。どのシカも普段食べられない生草を食べることができて大喜び。

数分後にはほぼ食べつくしてしまいました。

これからも皆さんからお庭などで草刈りをした雑草の持ち込みを歓迎します!受付は平日9時から16時の間になります。事前にお電話ください。(電話番号 0742-22-2388)

私たちの保護活動は皆さまからの
ご寄付や募金によって支えられています。
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
ご寄付はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/donate/
奈良の鹿愛護会会員ご入会はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/member/

デコちゃんのその後

前回のブログで紹介したデコちゃんですが、後ろ肢の傷はすっかりよくなりました。ところが、傷が治るまでの間、痛みのため肢をずっと動かさずにいたら関節が固まってしまいました。ケガが治ってもこのように右の後ろ足をずっと挙げた状態です。

しかし、そうかといってずっとこのまま鹿苑に入れておくのもデコちゃんにとってよいことなのかどうか、難しいところです。

デコちゃんは元々東大寺南大門近くのお店のあたりにいた鹿です。幸い、近くのお店の人が「デコちゃんの様子を見とくよ」と言ってくれたので、一度奈良公園に戻してみることにしました。デコちゃんは鹿せんべいが大好きです。みなさんが鹿せんべいを持っていたら、やってくるかもしれません。そのときに右の後ろ肢を挙げていても心配しないでくださいね。

デコちゃんのアップ。暗いところで撮ったため、目が光っています。ちなみに鹿の瞳孔は犬や猫と違って横に長い形をしています。

私たちの保護活動は皆さまからの
ご寄付や募金によって支えられています。
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
ご寄付はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/donate/
奈良の鹿愛護会会員ご入会はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/member/

治療エリアの鹿たち

普段、一般の人たちが目にすることのない治療エリアにはどんな鹿たちがいるのでしょうか?

この鹿は推定年齢14歳のおばあちゃん鹿です。左の後ろ肢が溝のふたの間にはさまり、パニックになって肢をバタバタしたら、後ろ肢が折れてしまいました。このおばあちゃん鹿は生草が大好きです。食べているのは、生駒市在住の方が持ってきてくれたヨモギやハコベです。

おばあちゃん鹿が草を食べているのを見てやってきた雄鹿がいます。東大寺南大門近くのお店のあたりにいた鹿ですが、後ろ肢をケガして奈良の鹿愛護会に保護されました。お店の人からは「デコちゃん」と呼ばれていたそうです。保護した当初、デコちゃんは警戒していて、エサをあまり食べなかったのですが、最近はだいぶ環境に慣れてきました。こうして「ぼくもちょうだい」とおねだりしにやってきます。

おばあちゃん鹿が食べているのを見て、もう一頭やって来ました。右後ろ足の先を失った雌の1歳の鹿です。ちょうど今から1年くらい前に鹿苑に保護されました。その当時は10キロくらいの小さな鹿でしたが、すくすく育ち、今では体重がなんと30キロになりました。残念ながら3本肢になってしまったので、一生鹿苑で過ごすことになりますが、こうしてもらった生草を食べて外の雰囲気を味わっています。

私たちの保護活動は皆さまからの
ご寄付や募金によって支えられています。
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
ご寄付はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/donate/
奈良の鹿愛護会会員ご入会はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/member/

治療ボランティア募集中!

奈良の鹿愛護会では、昨年に引き続き奈良のシカの治療を手伝ってくださる治療ボランティアを募集しています。

治療ボランティアの主な活動内容は、交通事故などにより愛護会で保護したシカの治療・検査・リハビリの手伝い、そして保護している鹿たちがいる場所の掃除、エサの準備など世話全般になります。

応募にあたって、特定の資格や経験は不要ですが、「奈良のシカを助けたい」という気持ちは必須です。動物医療または人の医療に関する知識がある方は歓迎します。

●募集人数:10名
●募集期間:3月22日から4月22日まで
●応募の流れ:
 ① 履歴書および志望動機を郵送またはメールで送付
 ② ボランティア説明会に参加(日時は相談の上、決定)
 ③ ボランティア保険に加入(ボランティア参加者が、年間500円負担)
 ④ お試しボランティアとして1日または半日参加
 ⑤ 正式にボランティアとして活動参加(令和4年4月から7月の間で全5回を予定)
●ボランティア活動の曜日と時間帯:平日の8:30-12:00 13:00-16:00
●活動日時:応募者と相談の上、決定

*なお新型コロナウィルスの感染状況によっては、上記日程を変更する場合があります。

みなさんのご応募、お待ちしております。

応募・問い合わせ先:一般財団法人奈良の鹿愛護会 担当 丸子まで
〒-630-8212 奈良市春日野町160番地1
電話番号 0742-22-2388 メールアドレス:info@naradeer.com

2022年3月17日 シカ獣医師のひとこと

お庭の雑草、持ち込み大歓迎!
この雄鹿は交通事故に遭い、後ろ肢が動かなくなってしまいました。しかし、鹿せんべいと生草はよく食べます。この鹿が食べている草は、一般家庭のお庭にはえていた雑草です。おうちの人が草刈りをした後にもってきてくれました。

下の写真のような草は、お庭でよく見かけるのではないでしょうか?

これから温かくなってくると、どんどん雑草がはえてきます。人にとってはやっかいものですが、鹿にとってはごちそうです。もし雑草を奈良の鹿愛護会まで持ってくるのがご面倒でなければ、鹿苑内の鹿たちにいただけないでしょうか?みんな喜んで食べてくれます。特にクローバー、ハコベ、ヨモギ、シバなどは大歓迎です。ただしクローバーに似た植物で、ハート形の葉をしたカタバミは与えない方がよいので注意が必要です。

なお鹿に与えられない草は、毒を持つ植物(スズラン、スイセン、キョウチクトウ、ツツジなど)、トゲのある植物、シダなどです。ハーブも食べません。

お庭の雑草、ゴミとして処分するのではなく、シカのエサとして有効活用してみてはいかがでしょうか?

もしこちらへ来られる場合は、事前に奈良の鹿愛護会までお電話ください(0742-22-2388 担当:丸子)。お持ちいただく場所は当会の事務所になります。受付時間は、平日の午後1時から午後4時までです。よろしくお願いします。

私たちの保護活動は皆さまからの
ご寄付や募金によって支えられています。
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
ご寄付はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/donate/
奈良の鹿愛護会会員ご入会はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/member/

2022年2月23日 シカ獣医師のひとこと

両前足骨折の雄鹿、奈良公園に復帰!
1月22日のブログで紹介した雄鹿ですが、本日無事奈良公園に帰っていきました。
昨年8月末に両前足を骨折し、九死に一生を得た鹿です。
今日撮影した奈良公園に放す前の写真です。
(後ろに写っているのは、後ろ肢の骨折が治りかけの雄の鹿です)

折れたところは、太くなり色が変わってしまいましたが、歩く姿はふつうの鹿と変わりありません。

この鹿を見かけても、奈良の鹿愛護会への通報は不要です。
温かく見守ってあげてください。

私たちの保護活動は皆さまからの
ご寄付や募金によって支えられています。
どうぞご支援をよろしくお願い致します。
ご寄付はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/donate/
奈良の鹿愛護会会員ご入会はこちらからお願い致します。
https://naradeer.com/member/