実習生がきました。

はじめまして!北海道大学獣医学部3年の馬杉です。今回9/2から2週間ほど実習生としてスタッフの皆さんのお手伝いをさせていただいています。

身近に生息する野生動物がそれらと共生するために関わり、必要なときには治療などを行うという奈良ならではの貴重な体験ができて、毎日とても充実した楽しい実習をさせてもらっています!

私は近鉄奈良駅から25分ほど歩いて事務所まで来ているのですが、その途中にたくさんの鹿や観光客とすれ違います。まだ観光客の少ない朝はすれ違う人の数より鹿の数の方が多く、のんびりしている鹿たちを眺めながら歩くと朝から癒やされた気分になります。

そんな道中に何度か見かけた印象的な光景の1つが、鹿が道路を渡るのを自動車が徐行したり停止したりして待っている、というものです。観光客はその様子を喜んで写真に収めようとしていましたが、きっと運転手の方は危ないとヒヤヒヤするし急ぎたい気持ちもあるでしょう。なのに誰もクラクションを鳴らしたりせずに温かく見守る光景は本当に素敵でした。そしてそれが1度ではなく、何度も見られて心が温かくなりました。

その一方で交通事故が増えている現状があることも今回の実習で実感しました。

私は獣医師の先生の治療をお手伝いさせてもらう機会が多いのですが、治療する鹿のほとんどが交通事故による骨折やケガで運ばれてきたものです。また実際にケガの通報で運ばれてくる鹿も何頭かいて、治療しました。

まだ治療中の鹿は鹿苑内で保護していますが、数日見ていただけでも座ったままだったのが立って歩くようになったり、脚を上げて歩いていたのが着くようになったり、傷口が塞がっていたり、治療の効果実感できる機会が何度もありました。また私にはわかりませんでしたが、先生曰く食べるエサの量や肉付きでも元気になってきてるか判断できるそうです。

自然界では歩けないまま放置されれば死んでしまいますが、ここで元気になって野生復帰の準備をしているのを見ることができて嬉しい気持ちになり、とても安心しました。

先生に話を聞くと、骨折が治るのには早くても2~3週間必要で、中には普通に歩くまで数ヶ月かかったり傷口から感染症にかかってしまうものもいるそうです。また野生の鹿ですから、治療だってどうしても負荷がかかってしまいます。

治療できるとはいえ、やはり鹿が交通事故の被害に遭わないのが一番だと思います。

愛護会では道路標識の設置などの取り組みもしていますが、あの静かに鹿の道路横断を見守ってくれていた運転手さんたちのように気をつけてくれる人が少しでも増えてくれればいいなと思いました。

少しでも交通事故で運ばれてくる鹿が減りますように!

そしてここで治してもらった鹿たち、もう運ばれてこないように気をつけて元気に過ごしてね!

ボランティア様のクリーンアップ活動レポート

2019年9月16日、ハワイ在住の池尻様と有志の皆様で、奈良公園内の清掃活動を行いました。
池尻様は奈良市ご出身で、奈良公園の鹿たちが大変なことになっていることを心を痛め、鹿たちの生息環境を守るために清掃活動の申し出で実現しました。


当日は、池尻様と皆様(小さな有志さんもポーズ!)8名様で活動を開始。

よーし、がんばるぞ!
見えにくい裏側もチェック!

先日ロータリーアクトクラブ様が清掃活動を行ったにもかかわらず、たくさんのプラスチックゴミ、紙類などが落ちていてびっくりしました。

鹿たちもゴミにビックリ!
私も参加しまーす

皆様によって集められたゴミ類は、キチンと分類。

星のフタはプラスチック?

やはり、プラゴミが多く集められました。プラスチック類、紙類などは、土がついているため色が同化してしまい、分別は難しかったです。

ご苦労さまでした!

池尻様からは、「ハワイでも海洋ゴミ問題があり、海岸に流れ着いている」というお話を聞いてとても驚きました。あの風光明媚なハワイがですよ。この問題は世界的に起こっている大問題ということ。一人ひとりのマナーが大切ですね。

清掃活動にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

奈良ローターアクトクラブ様の活動

世界最初の奉仕団体・国際ロータリーが18~30歳の男女を対象にし、
奉仕を通じて親睦を図る機会を提供する「ローターアクトクラブ」。

1984-85年度から毎年開催する全国統一奉仕活動日「アクトの日」として、
奈良県下の4つのローターアクトクラブ(奈良・大和郡山・橿原・大和高田ローターアクトクラブ)は、
世界遺産の社寺が広がる奈良公園で「奈良のシカ」の保護を目的にクリーンパトロールを実施されました。

当日は、春日大社境内「飛火野」で「なつの鹿寄せ」と、
「奈良のシカ」保護施設「鹿苑」を見学され、
奈良の鹿愛護会スタッフから鹿の現状をお話ししました。

その後は「奈良のシカ」をゴミの誤飲から守るため、
皆様で一斉にゴミ拾いをしてくださいました。

活動にご参加いただきました皆様、
関係者の皆様に心より御礼を申し上げます。

奈良もちいどのセンター街協同組合様よりご寄付

奈良もちいどのセンター街協同組合様より、
8月24日(土)・25日(日)に開催された【チャリティフェスタもちいどの2019】の際に皆様よりお寄せ頂いた募金【137,457円】をご寄付いただきました。

【チャリティフェスタもちいどの】では、今年初めての取り組みとして、
「奈良のシカ」保護のための募金活動と鹿のイラスト入りのスーパーボールすくい(鹿すくい=鹿救い)、奈良女子大学の学生の皆様によるパネル展示やシカクイズなど、さまざまな「奈良のシカ」への支援企画を実施してくださいました。

今後は、10月に予定されている【もいちど夜市】などのイベント時にも同様の「奈良のシカ」支援企画を考えてくださっているとのことで、地元の商店街の皆様からの応援、とても心強く、嬉しいかぎりです(*^_^*)

チャリティにご協力いただいた皆様、
奈良もちいどのセンター街協同組合の関係者の皆様、
シカクイズやパネルをがんばって作成してくださった奈良女子大学の皆様
ありがとうございました。