株式会社新踏社様よりご寄付いただきました

株式会社新踏社様より、チャリティノート「ノーモ」とエコバッグ「しかのせOTOMO」、ダイアリー等の売上の一部【18,500円】をご寄付いただきました。

【販売協力店のご紹介】
啓林堂書店様、福泉堂様、ならまち美々風様、菓子いちばん様

新踏社様(左)よりご寄付の贈呈

いつもご協力いただきありがとうございます。

◆通信販売をご希望の方は、新踏社様HPの「お問い合わせフォーム」よりお申込みください。
http://shintosya.com/contact.html (24時間自動受付)

商品をご購入いただいた皆様、ご協力ありがとうございました。

ご寄付は奈良公園の鹿たちの保護のため大切に活用させていただきます。

ドングリのご寄付いただきました!

持ち込みでご寄付頂いた方をご紹介します!

12月20日 江田様(奈良県奈良市)
12月20日 石井様(大阪府堺市)
12月20日 平林様(奈良県北葛城郡)
12月20日 北畑様(奈良県奈良市)
12月21日 陰地様(奈良県奈良市)
12月22日 奈良市立二名中学校様
12月28日 小山様(奈良県生駒市)

皆様ご協力ありがとうございます。

県外の方々からもたくさんのドングリのご寄付をいただいております。
奈良の鹿愛護会では引き続きドングリのご寄付を募っておりますので、
ご支援ご協力お願いします。

ドングリのご寄付いただきました!

持ち込みでご寄付頂いた方をご紹介します!

12月6日徳原様(大阪府箕面市)

12月12日西村様(神奈川県横浜市)

12月13日髙木様

石田様と小森様と一緒に集めてくださったそうです。

皆様ご協力ありがとうございます。

県外の方々からもたくさんのドングリのご寄付をいただいております。
奈良の鹿愛護会では引き続きドングリのご寄付を募っておりますので、
ご支援ご協力お願いします。

【2020年】香芝市真美ヶ丘団地からのドングリ支援!

今年も、UR都市機構 西日本支社京奈エリア経営部様、(株)URコミュニティ 奈良住まいセンター様、日本総合住生活(株) 奈良支店様によって、11月期間中に奈良県香芝市の真美ヶ丘6丁目団地の”どんぐり山”で集められたドングリが、鹿苑に保護される鹿たちのごはんとしてたくさん届けられました!!

また、同時に団地隣接の香芝市立真美ヶ丘保育所様のみんなにもドングリを集めていただき、担当の方々に届けていただきました!!

【ドングリ寄付の様子】
今年のドングリは昨年を大きく上回り13箱!!、総重量は 268kg!!
保育所様のみんなの集められたどんぐりは、58kg!!

鹿苑の鹿たちへのメッセージをたくさん貼ってありました。

鹿苑ドングリコロコロコーナーで鹿苑の鹿たちは、みんなでお出迎え。
関係者の皆様から届けられたドングリをコロコロレーンから転がすと、鹿たちは美味しそうにバリバリと音を立てながら食べていました!

たくさんのどんぐりをご持参いただきありがとうございました。
鹿たちも喜んでおります。
皆様の温かいお気持ちに心より感謝いたしております。

本当にありがとうございました。

東大寺幼稚園の皆さまからどんぐりをいただきました。

東大寺幼稚園の皆さまからドングリを寄付していただきました。
いただいたドングリは鹿苑で保護された鹿たちのエサとして使わせていただきます。

ドングリの贈呈の後は、愛護会の見学通路で備え付けのドングリを楽しそうにあげてくれました。

東大寺幼稚園の皆さま、ありがとうございました!

柳茶屋様よりマスク売上のご寄付をいただきました

興福寺本坊隣の柳茶屋様より、
8月~11月までに販売された手作りマスクの売上金、20,107円をご寄付いただきました。
柳茶屋様では、コロナ禍でマスク不足になった頃から手作りマスクを作って店内で販売されており、その全額を鹿の保護のためにご寄付いただいています。
なんと、生地などの材料費は、すべて柳茶屋様がご負担くださっています。
マスクの値段は定めておられず、お気持ちでお願いします。とのことです。
皆様の優しい気持ちが詰まったご寄付は、
鹿たちのために大切に活用させていただきます。
なお、マスクは引き続き販売してくださるとのことですので
お近くにお越しの際はぜひよろしくお願い致します。

かわいいガーゼマスク

鹿の角きりの物品「筵」をご支援いただきました!

皆様は、「筵」って知っていますか?

正解は、「むしろ」です。
本日、奈良県在住の会員の方から『筵(むしろ)』等をご支援いただきました。

筵(むしろ)

筵(むしろ)は、よく時代劇などで見かける藁(わら)を縦横に編み込んだ敷物のことです。
角きり行事には、写真のように設置され、行事中に角鹿が柵への激突などから身体を保護する目的で、期間中は角きり場柵に設置されます。

しかし、最近ではあまり見かけなくなってしまい、手に入りにくくなりました。
角きり行事で使用している筵も行事に欠かせない物のひとつで、大事に使用しています。しかし、経年劣化により徐々に傷みが進んできている状況です。

角きり行事の筵は、脇役的な存在として場内に設置されていますが、古式鹿の角きりにはなくてはならないものです。
今年、『古式 鹿の角きり』は感染症対策のため中止となりましたが、このたび会員の方から、来年の角きり行事のためにと、大切な筵5枚等をご支援いただきました。
本当にありがとうございました。


今後も愛護会は、奈良の伝統行事 『古式 鹿の角きり』を保存継承していくため、皆様には納屋などに眠っている筵がございましたら、ぜひ、事務局にお問い合わせ下さい。

よろしくお願い申し上げます。

春日大社の関係者様からどんぐりのご寄付

2020年12月6日(日)、春日大社藤裔会中京支部様から
鹿苑で保護されている鹿たちのために、たくさんのどんぐりをご寄付いただきました。

皆さまと記念撮影
たくさんのどんぐりをご寄付いただきました!

どんぐりは、岐阜県からお届けいただきました。
本当にありがとうございます。
ご寄付いただいたドングリは136キロにもなりました。
鹿苑で保護される鹿たちのために大切に使わせていただきます。
春日大社藤裔会中京支部様、本当にありがとうございます。

ドングリのご寄付いただきました!

持ち込みでご寄付頂いた方をご紹介します!

11月30日 今井様(兵庫県加古郡)
11月30日 越前様(奈良県大和郡山市)
12月1日 伊達様(大阪府豊中市)

皆様ご協力ありがとうございます。

県外の方々からもたくさんのドングリのご寄付をいただいております。
奈良の鹿愛護会では引き続きドングリのご寄付を募っておりますので、
ご支援ご協力お願いします。