柳茶屋様よりご寄付いただきました

6月に、このスタッフブログでご紹介させていただいた柳茶屋様より
手作りマスクの売上金、7177円(6月~7月7日分)をご寄付いただきました。

柳茶屋
かわいいガーゼマスク

マスクは一つ一つ丁寧に手作りされています。
値段はつけておられず、「鹿へのご寄付」としてお気持ちをお願いします、とのことです。
なお、材料費は柳茶屋様がご負担くださいますので、皆様からのご寄付は全額「奈良のシカ」の保護に役立てられます。
優しい皆様のおかげでたくさんのご寄付が集まり、鹿たちも喜んでいます。

マスクはまだあるそうです。
引き続きどうぞご協力いただきますようお願い致します。

第一生命保険奈良支社様より寄贈いただきました。

第一生命保険株式会社奈良支社長布崎嘉樹様、社会貢献活動第一PTの皆さまよ
り、社会貢献活動の一環として、スポーツドリンク(12ケース)、塩分補給用タ
ブレット(120袋)を職員の熱中症の発症防止に向けた支援として寄贈いただき
ました。

第一生命保険株式会社奈良支社様では、新型コロナウイルス関連の経済活動自粛
の中で、地域のお客さまにお役になることはないか、と社会貢献活動の方法をご
検討されており、この度、国の天然記念物「奈良のシカ」の保護活動をしている
当会職員への熱中症対策として寄贈をいただきました。
いただいたスポーツドリンク等は、職員の熱中症の発症防止対策に活用させてい
ただきます。
第一生命保険株式会社奈良支社様本当にありがとうございました。

2020年版!子鹿チャリティーノート

今年も「子鹿第一号」が表紙の「2020年版 子鹿チャリティーノート」が完成しました!

今年は座っている子鹿ちゃん&走っている子鹿ちゃんの2バージョンです。
どちらもかわいくて、眺めているだけでも幸せな気分になりますね!

このノートは、奈良の鹿愛護会事務所にて販売しています。(通販不可)
売上金の1/4が、奈良の鹿愛護会の保護活動に充てられます。
皆様のご協力、どうぞよろしくお願い致します。

手作りマスクで鹿に寄付

興福寺境内にある「柳茶屋」様より、
スタッフの皆様が手作りされた、かわいいマスクの収益を鹿たちにご寄付頂けるとのうれしいお申し出がありました。

柳茶屋の皆さんは鹿がとても好きで、ケガをしている鹿のことなどすぐに愛護会に情報提供してくださり助かっています。

マスクはお店に入ってすぐのところに置かれるそうですので、
奈良公園散策の際にぜひお立ち寄りください。

柳茶屋の皆さま、鹿へのあたたかいお気持ち本当にありがとうございます!

生草(なまくさ)の寄付を募っています。

鹿苑では、保護している鹿のために乾燥させた牧草を与えています。しかし、本来鹿たちは奈良公園内に自生するシバなどの草を食べて生活しています。鹿苑でも鹿用にクローバーを育てていますが、スペースに限りもあって重病の鹿に与えるのがやっとです。

クローバーを食べる治療中の鹿!
ササも大好き

そこで奈良の鹿愛護会では、おうちの草刈りなどでいらなくなった生草を鹿のために持ってきていただける方を探しています。レジ袋1袋分からOKです。ただし、トゲのある植物や毒のある植物、鹿が食べない植物などは与えられませんので、クローバー、ヨモギ、タンポポ、芝類、ハコベ、ササに限って皆様のご協力をお願いします。

クローバー
ヨモギ
タンポポ
シバ

また新鮮な草が望ましいので、奈良県内の方でこちらまで持ってきていただける方限定とさせていただきます(郵送不可)。普段食べられない生草を前に、きっと鹿たちは大喜びで食べてくれるでしょう。持ってきていただける場合は、電話でご確認の上、お越しください。(電話番号 0742-22-2388 受付時間 平日 10:00~16:30 担当丸子まで)

みなさまの奈良の鹿への暖かいご支援、お待ちしております。

ご寄付をいただきました。

浄教寺様よりご寄付をいただきました。

いただいたご寄付は奈良のシカ保護に活用させていただきます。
浄教寺様、本当にありがとうございました。

奈良の鹿愛護会の活動は、鹿を愛する多くの皆様によって支えられています。
鹿の保護活動の拠点である「鹿苑(ろくえん)」には、ケガや病気などで救助救出された鹿が保護されています。
安心安全な牧草、入院中の鹿たちの健康を維持するためのお薬などが必要です!
あなたの、「鹿たちへの思い」が「奈良のシカ」を守ります。
WEBからのご支援はこちら

鹿のために、私たちができること ~鹿との共生を目指して~

奈良公園に生息する鹿は、国の天然記念物「奈良のシカ」に指定され、都市の近くで人々が自由に野生動物に親しめる、他に類のない非常に貴重な存在です。

奈良の鹿愛護会では、天然記念物「奈良のシカ」を守るために、毎日巡回パトロールをおこない、さらに皆様からの通報連絡により、傷ついた鹿たちを保護する活動をおこなっています。

しかし、交通事故をはじめ、ゴミのポイ捨て、間違ったエサやりの問題など、鹿の生息環境は悪化の一途をたどり、鹿たちが傷ついています。

「鹿のために、私たちができること」

それは、鹿の現状をきちんと知ること。鹿の生態を理解し、正しいルールやマナーで接することです。

それが鹿と人とのトラブルを防ぎ、なおかつ「鹿だけが我慢をしない」共生の第一歩につながるのです。

「奈良のシカ」は、奈良公園を訪れる皆様をはじめ、地域の皆様からも大切に愛されている、「奈良公園のシンボル」です。

この鹿たちを守りながら、奈良公園の生態系を保全して未来に繋いでいくこと。

それが、鹿と人とが共生する理想の環境ではないでしょうか。

ぜひ、一人ひとりが考えてみてください。

奈良の鹿愛護会の活動は、鹿を愛する多くの皆様によって支えられています。

鹿の保護活動の拠点である「鹿苑(ろくえん)」には、ケガや病気などで救助救出された鹿が保護されています。

安心安全な牧草、入院中の鹿たちの健康を維持するためのお薬などが必要です!

あなたの、「鹿たちへの思い」が「奈良のシカ」を守ります。
WEBからのご寄付はこちら

保護されている鹿たちが大好きな牧草
獣医師による治療のようす

私たちの活動は、多くの皆様のご支援によって支えられています。
「奈良の鹿愛護会」に、ぜひご入会くださいますようお願い致します。
ご入会のお申込みはこちら

募金箱の設置協力③

奈良の鹿愛護会はみなさまのご支援により活動しています。 「奈良のシカ」保護のための募金箱設置協力を紹介します。 こちらの緑色の募金箱です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20190131募金箱.jpg です

募金箱は協力いただいているお店に設置していただいております。 その募金箱を回収させていただきました。 ご協力いただいてる皆様ありがとうございます。 設置していただいてるお店をご紹介させていただきます。

このほかにも沢山設置していただいております。
ご協力いただけるお店がありましたら愛護会までご一報ください。

募金箱の設置協力②

奈良の鹿愛護会はみなさまのご支援により活動しています。 「奈良のシカ」保護のための募金箱設置協力を紹介します。 こちらの緑色の募金箱です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 20190131募金箱.jpg です

募金箱は協力いただいているお店に設置していただいております。 その募金箱を回収させていただきました。 ご協力いただいてる皆様ありがとうございます。 設置していただいてるお店をご紹介させていただきます。

このほかにも沢山設置していただいております。
ご協力いただけるお店がありましたら愛護会までご一報ください。