実習生がきました。

はじめまして!北海道大学獣医学部3年の馬杉です。今回9/2から2週間ほど実習生としてスタッフの皆さんのお手伝いをさせていただいています。

身近に生息する野生動物がそれらと共生するために関わり、必要なときには治療などを行うという奈良ならではの貴重な体験ができて、毎日とても充実した楽しい実習をさせてもらっています!

私は近鉄奈良駅から25分ほど歩いて事務所まで来ているのですが、その途中にたくさんの鹿や観光客とすれ違います。まだ観光客の少ない朝はすれ違う人の数より鹿の数の方が多く、のんびりしている鹿たちを眺めながら歩くと朝から癒やされた気分になります。

そんな道中に何度か見かけた印象的な光景の1つが、鹿が道路を渡るのを自動車が徐行したり停止したりして待っている、というものです。観光客はその様子を喜んで写真に収めようとしていましたが、きっと運転手の方は危ないとヒヤヒヤするし急ぎたい気持ちもあるでしょう。なのに誰もクラクションを鳴らしたりせずに温かく見守る光景は本当に素敵でした。そしてそれが1度ではなく、何度も見られて心が温かくなりました。

その一方で交通事故が増えている現状があることも今回の実習で実感しました。

私は獣医師の先生の治療をお手伝いさせてもらう機会が多いのですが、治療する鹿のほとんどが交通事故による骨折やケガで運ばれてきたものです。また実際にケガの通報で運ばれてくる鹿も何頭かいて、治療しました。

まだ治療中の鹿は鹿苑内で保護していますが、数日見ていただけでも座ったままだったのが立って歩くようになったり、脚を上げて歩いていたのが着くようになったり、傷口が塞がっていたり、治療の効果実感できる機会が何度もありました。また私にはわかりませんでしたが、先生曰く食べるエサの量や肉付きでも元気になってきてるか判断できるそうです。

自然界では歩けないまま放置されれば死んでしまいますが、ここで元気になって野生復帰の準備をしているのを見ることができて嬉しい気持ちになり、とても安心しました。

先生に話を聞くと、骨折が治るのには早くても2~3週間必要で、中には普通に歩くまで数ヶ月かかったり傷口から感染症にかかってしまうものもいるそうです。また野生の鹿ですから、治療だってどうしても負荷がかかってしまいます。

治療できるとはいえ、やはり鹿が交通事故の被害に遭わないのが一番だと思います。

愛護会では道路標識の設置などの取り組みもしていますが、あの静かに鹿の道路横断を見守ってくれていた運転手さんたちのように気をつけてくれる人が少しでも増えてくれればいいなと思いました。

少しでも交通事故で運ばれてくる鹿が減りますように!

そしてここで治してもらった鹿たち、もう運ばれてこないように気をつけて元気に過ごしてね!

奈良ローターアクトクラブ様の活動

世界最初の奉仕団体・国際ロータリーが18~30歳の男女を対象にし、
奉仕を通じて親睦を図る機会を提供する「ローターアクトクラブ」。

1984-85年度から毎年開催する全国統一奉仕活動日「アクトの日」として、
奈良県下の4つのローターアクトクラブ(奈良・大和郡山・橿原・大和高田ローターアクトクラブ)は、
世界遺産の社寺が広がる奈良公園で「奈良のシカ」の保護を目的にクリーンパトロールを実施されました。

当日は、春日大社境内「飛火野」で「なつの鹿寄せ」と、
「奈良のシカ」保護施設「鹿苑」を見学され、
奈良の鹿愛護会スタッフから鹿の現状をお話ししました。

その後は「奈良のシカ」をゴミの誤飲から守るため、
皆様で一斉にゴミ拾いをしてくださいました。

活動にご参加いただきました皆様、
関係者の皆様に心より御礼を申し上げます。

奈良のシカも熱中症?

最近、雨が降って少しすずしくなりましたが、
少し前までは非常に暑かったですね。
とても暑かった時の話です。奈良の鹿愛護会では、奈良公園内で立ち上がろうとしても、立てないメス鹿を保護しました。特に痩せているわけでもなく、交通事故にあったようにも見えず、最初は原因がよくわかりませんでした。
そこで、血液を採って、奈良の鹿愛護会に協力してくださる、あやめ池動物病院で調べてもらったところ、腎臓の数値が非常に高いことがわかりました。
そこでピンときたのが、熱中症。
おそらく暑い中、十分な水分を取らずに脱水が進み、腎不全を起こしていたのだと思います。
幸い、体を濡れタオルで冷やして、点滴を集中的に行った所、1週間後にはこの通り、元気になりました。そして昨日元気に奈良公園に帰っていきました。

水をしっかり飲むんだよ♪
獣医師

奈良公園内の清掃活動を行いました。

ボランティアの方々に協力していただいて奈良公園内の清掃活動を行いました。

お盆休み期間中で奈良公園には沢山の人が来ています。
ごみも色んな所に落ちています。
今回の清掃活動では総量で6.9キロごみを回収しました。

奈良公園にはごみ箱がありません。
ごみは捨てないで持って帰りましょう。
また、レジ袋やお菓子の包みを鹿に食べられないように気を付けましょう。
鹿の生息環境を守るためにご協力お願いします。

協力:奈良県公園室・鹿サポーターズクラブ

クリーンアップならディアパーク2019【一斉清掃活動】

国の天然記念物「奈良のシカ」が暮らす奈良公園からごみを無くし、鹿の生息環境を保全し、公園内の清掃及びゴミ捨て禁止の啓発を目的として【クリーンアップならディアパーク2019】を行い、総数143名の皆様にご参加いただき、奈良公園一帯を清掃しました。
当日一般参加者48名
団体参加は95名(奈良県奈良公園室様、奈良県奈良公園事務所様、奈良市様、奈良市観光協会様、春日大社様、鹿サポーターズクラブ様、奈良のシカ共生愛あいプロジェクト様、奈良もちいどのセンター街協同組合様、エニタイムフィットネス様、奈良若者サポートステーション様、なら国際映画祭様、奈良の鹿愛護会職員)

集合写真
エニタイムフィットネス様

「奈良のシカ」の生息環境保全のために広大な奈良公園を一生懸命、清掃していただきました。


清掃終了後は集まったごみの分別回収を行います。

プラスチックゴミや可燃ゴミ、ペットボトルなど色々なごみが回収されました。
クリーンアップならディアパーク2019では
53キロのゴミを奈良公園一帯から無くすことができました。

総重量53キロ

シカの胃内から見つかったごみの元となるプラスチックゴミも今回の清掃活動で31.5キロ回収することができました。

プラスチックゴミ

国の天然記念物「奈良のシカ」の生息環境を守る為に今後ともご協力よろしくお願いします。
クリーンアップならディアパーク2019にご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。


【7/10本日開催!】クリーンアップならディアパーク2019

「クリーンアップならディアパーク2019」いよいよ本日開催です!
奈良県庁南側の「登大路園地」で9:45~11:00まで随時参加受け付け致します!
10:00から、出発式を行います。
(スターバックスのある、県庁前バスターミナルの道路をはさんだ向かい側に、緑色の受付テントがあります。)
ただいま、スタッフが準備中……

ご参加頂ける皆様は、
・汚れても良い動きやすい服装
・歩きやすい運動靴
・熱中症対策   をよろしくお願いします。
(・軍手/トングは、お家にある場合はご持参ください。無料貸出もあります。)

クリーンアップならディアパーク2019

鹿たちがポリ袋などのゴミを誤って食べてしまうのを防ぐ為の対策の一つとして
「クリーンアップならディアパーク2019 ~鹿の生息環境保全活動~」を実施します。

第1回目は、7月10日(水)開催予定!
鹿苑で誕生した子鹿たちが公園デビューする前に、
みんなで奈良公園を徹底的にお掃除しましょう(^_^)v

一般のご参加は、当日受け付けます。
ご協力いただける方がいらっしゃいましたらぜひお越しください。

〇受付場所
奈良県庁前広場(登大路園地)
〇受付時間
9:45~11:00(活動終了時間11:30)
※10:00より出発式を行います。
〇ゴミの回収、解散場所
一般財団法人奈良の鹿愛護会 事務所
〇募集対象
高校生以上のどなたでもご参加いただけます。
※中学生以下は大人の同伴が必要です。
〇参加方法
当日現地受付(事前申込不要)
※前日午後7時前のNHK天気予報で実施日午前中の降水確率70%以上の場合は中止します。
※天候その他の状況により、当日中止することがあります。
実施の可否など最新情報は、奈良の鹿愛護会のホームページでお知らせします。
〇持ち物
清掃用具(トング・軍手)お持ちの方はご持参ください。
※貸出も可能です。終了後必ず返却してください。
動きやすく汚れてもよい服装・運動靴でお越しください。
各自で熱中症対策をしてください。

また、関係各団体の皆様にもボランティアとしてご参加いただきます!
快く参加表明をいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

令和最初の子鹿第一号誕生!

令和元年5月7日(火)、今年の子鹿第一号が誕生しました。

体重3,000グラムの元気な女の子です(*^_^*)

6月1日からの「子鹿公開」で皆様にお披露目になります。
会えるのを楽しみにしていてくださいね。

それまでの期間は、スタッフブログやSNSで子鹿ちゃん情報をお楽しみください。
とっても癒やされる、かわいい子鹿ちゃんの写真をたくさん載せますので更新をチェックしてくださいね。

奈良公園にゴミを捨てないで!

突然ですが、これは何だと思いますか?

これは死亡したシカの胃(第一胃)からでてきたビニール袋の塊です。
重さは3.2キロもありました。
こんなにたくさんのビニール袋が第一胃に詰まっていたら、いくら食べ物をシカが食べても先へは流れていきません。このシカはガリガリに痩せていて、体重はわずか30キロ足らずでした。本来なら40キロくらいあってもおかしくない体型でした。
残念なことに奈良公園では、ゴミが捨てられているのをよく見かけます。
奈良公園にはゴミ箱がないので食べ物の入ったビニール袋を捨てていく人がいるのでしょう。食べ物のにおいがすると、シカはビニール袋を食べてしまいます。
今回のケースはおそらくそういうことが何年も重なって起きたことだと思います。
「奈良のシカ」は、野生動物でありながら、街中で暮らしているという点で、世界的に見ても非常に稀有な存在です。しかし、人と近接して暮らすことで、本来食べ物でないものを食べてしまい、健康被害に遭うこともあります。
皆さんが奈良公園に行くときは、ビニール袋は絶対に捨てないでください。
そしてゴミは持ち帰りましょう。
「奈良のシカ」がずっと元気で暮らせるようにご協力お願いします。

今年度、奈良公園に戻った鹿たち

3月も終わりに近づいてきました。
2018年4月~2019年3月現在、鹿苑でケガや病気の治療のため保護した鹿の頭数は174頭です。これまで、そのうちの92頭を奈良公園に戻すことができました。
今日も1頭、鹿苑をあとにしました。

奈良公園に戻れなかった鹿の大半は、交通事故や病気が原因で死亡しました。
また、交通事故により脚を一本失った鹿は、一生鹿苑で保護しています。

この鹿は先週、交通事故に遭いました。一週間飲まず食わずで心配しましたが、点滴を継続したところ、今週に入って元気を取り戻しました。今日はドングリを食べにきました。近々、奈良公園に放す予定です。(獣医師)